HOME > お知らせ一覧 > 自治退、第 1回役員会開く

お知らせ

自治退、第 1回役員会開く

2014年8月11日 10:56
自治退は、2014年 1月23日、箱根湯本・箱根路開雲で第 1回役員会を開いた。  
報告事項では、①政府・与党の動向と課題、②安倍政権の実質改憲に反対する行動、③退職者組織拡大・強化支援の自治労方針、④退職予定者用のパンフ・リーフレットの活用、⑤新聞「じちろう」新年号(退職者会版)の発行と配布、⑤「安心総合共済」の新年度募集と退職予定者への働きかけ、⑥年間日程の概要、などについて、それぞれ確認した。  
協議事項では、①新規加盟 1件(徳島・三好市退職者会)、②地域別学習会の日程、内容および運営、③役員選考委員会の設置、④都市交退協との組織統合関連事項、⑤総会、県本部代表者会議のあり方、⑥旅費規程の改正、地域学習会等参加費の取扱い、⑦「のりこえネット」の支援、などについて議論し、それぞれ決定した。  

なお、自治退はこれに先立って 1月22日、同じ会場で地方公務員退職者協議会(地公退)との共催による合同幹部学習会を開いた。この学習会では、太田啓之・朝日新聞記者が「公的年金、受け取り続けることはできるのか?」をテーマに講演を行った。